2chで評判のモットンの口コミ怪しい?おすすめの腰痛対策マットレス比較


腰痛対策マットレスとして有名な「モットン」は人気が高く、2chでも絶賛されるほどです。しかし、絶賛される一方で「怪しい」などの悪評があるのも事実です。これからモットンの購入を考えている方は、悪評の数々を目にしたら、買うことをためらってしまいますよね。
そこで、モットンの悪評を集めて、事実なのか、事実ではないとしたらなぜそのように言われるのか、悪評の理由について分析していきたいと思います。また、他の人気のマットレスと比較して本当におすすめできる腰痛対策マットレスといえるのかも検証します。
モットンの怪しい噂を目にして、購入をためらっている方はもちろん、購入を考えている方もぜひ参考になさってください。

 

【目次】
1:人気の腰痛対策マットレス「モットン」の怪しいなどの悪評の理由
2:モットンと他の腰痛対策マットレスを比較
3:結局のところモットンはオススメなのか?

 

1.人気の腰痛対策マットレス「モットン」の怪しいなどの悪評の理由


腰痛をなんとかしたいと、腰痛対策マットレスをインターネットで検索してみるとかなり上位にモットンが出てきますよね。公式ページを見る限りなんだか良さげなことが書かれていますが、それだけで購入を決めるには価格的に高すぎます。

 

そこで2chや口コミサイトで評判を見ていると腰痛が治ったと絶賛する良い口コミばかり。そうなると逆に怪しさ満点で色々と悪評を調べ始めるのが人の性。すると、良い口コミの中から悪評を拾い集めて「やっぱりダメなやつかも」と思いたくなります。
しかし、悪評を良く見て見ると使い方が間違っていたり、本当に使ったことがない人の口コミだったりすることも少なくありません。実際にインターネット上の悪評を見て、なぜそのようなことを言われているのか、理由まで分析してみたのでご覧ください。

 

 

●公式ページが怪しい
確かに、モットンの公式ページは今風のオシャレなつくりじゃありませんね。そんな理由から怪しいと思う人が多いようです。個人的にはオシャレで若者受けするサイトよりも、無骨だけど知りたい情報(口コミや商品説明、支払い方法など)がしっかりと詰め込んであるので好感が持てました。オシャレなサイトを作るデザイナーさんに高額な報酬でサイト作成を頼まず、その分を商品に還元しているようにも見えました。

 

 

●高額すぎる
確かにモットンのマットレスは1万円以下で買えるようなマットレスよりも高額です。しかし、密度、反発力、そして品質を考えると同じクラスのマットレスと比較したら平均的。何よりも強調したいのは「10年使える」という点です。
安い高反発マットレスは雨後の筍のように販売されていますが、どれも密度が足りず品質が悪いため、3ヶ月程度でヘタリを感じ1年もすれば「低反発だか高反発だかわからない」状態になることがほとんどです。その点、耐久試験でヘタリがほぼ発生しないことがわかっているモットンであれば10年使えます。1万円のマットレスを10回買い換えるよりも、モットンを10年使った方が費用対効果が高いのは一目瞭然ですね。
さらに90日間の返金保証は、効果があるかどうかをじっくりと試すことができるので同価格帯の他社製品よりも良心的です。

 

 

●本当は腰痛に効かない
この口コミをたまに見かけますが、よく読んでみるとほとんどが「使い始めて3日経ったけど効果がない」とか「1週間使っているのに変化がない気がする」と言ったものばかり。みなさん気が短すぎます。モットンがいくら腰痛に効果があると言っても、外科手術をする訳ではないのですから即日効果が出ないこともあります。腰の筋肉の緊張をほぐし、正しい姿勢で眠ることで腰痛を改善するので人によっては1ヶ月以上使わなければ効果が出ません。せっかく90日保証があるのだから90日使ってみて「腰痛に効果があるかどうか」を判断しても遅くはないと思います。

 

 

●中国製だから怖い
中国製というと「不衛生、作りが雑、素材が劣悪」という超マイナスイメージが我々日本人には染み付いています。確かに、これまで数々の中国製品が品質トラブルを引き起こしてきました。しかしそれはあくまでも「現地で企画されて現地で作られた中国産」です。モットンの場合、日本人が日本で企画開発した製品です。
さらに日本人が中国人の国民性を考慮した完璧な作業手順マニュアルを作成して、その通りに作られているので、従来の「粗悪な中国製製品」とは一線を画しています。実際にモットンを購入した人の口コミを見ても「雑」とか「汚い」と言った口コミがないので、中国製だからと言って敬遠しなくても良いと思います。

 

 

●重くて持ち上げられない
重いというのは全く使ったことがない人の口コミです。モットンはシングルで7.5kgなので生後6ヶ月の赤ちゃんぐらい。女性でも軽々と持ち上げることができます。

 

 

●洗えないから衛生的に心配
確かに洗えませんが、モットンの素材はウレタンなので通気性がよく、ホコリもダニもつきませんので丸洗いしなくても清潔な状態を保つことができます。そもそも日本に存在する敷布団やスプリングマットレスの中で洗えるものはほとんどないように思えます。「うちは毎シーズン洗っていますよ」というご家庭はかなりレアです。どうせ洗えないのであれば、ウレタン製で汚れがつきにくいモットンのようなマットレスの方が衛生的です。

 

 

●カビが生える
カビ問題も同様です。通常のスプリングマットレスのようにたまに掛け布団を剥がして通気を良くしたり立てかけたりしておけばカビが生えることはありません。通気性が良いウレタン素材なので、常識的な使い方であればまずカビは生えないと言っていいでしょう。逆にカビを生やした人は、万年床の布団の上にモットンを置いている上に室内干しをしている部屋で寝ている、などの悪条件が重なっていることが少なくありません。

 

 

このように、悪評を一つずつ分析して見ると、「使い方が間違っている」「結論を出すのが早すぎる」「見た目で判断している」ものがほとんどで、実際に正しく使っている人の悪い口コミは少ないです。
それでも「怪しい」「信じられない」と思うのであれば90日返金保証を使うつもりで「自分が試してやる」という気分でモットンをあらゆる角度から検証してみてはいかがでしょうか。

 

公式サイト
>>使って良さを実感!高反発マットレスモットンはコチラ!

 

 

2.モットンと他の腰痛対策マットレスを比較


モットンの良い口コミ、悪評のチェックが終わったら次は他社との比較です。似た製品と価格や使い心地を比べてみなければ納得ができませんよね。ここでは日本の腰痛対策マットレスで人気の5社を比較してみることにしました。

 

■価格で比較!腰痛対策マットレス
では価格から比べて見ましょう。

 

 

モットン      39,800円 49,800円 59,800円
雲のやすらぎ    39,800円 49,800円 59,800円
トゥルースリーパー 29,840円 34,070円 38,760円
エアウィーヴ    68,040円 82,080円 95,040円
マニフレックス   39,204円 52,272円 65,340円

 

(シングル、セミダブル、ダブルの順です)

 

 

価格的にはエアウィーヴ以外はほぼ同じです。ただし、一番安いトゥルースリーパーは低反発マットレスなので、腰痛対策には不向きなのでお勧めできません。低反発マットレスは体が沈み込み寝返りを阻害するので、腰痛が良くなるどこから悪くなる可能性があります。同価格帯で決めるとなるとモットン、雲のやすらぎ、マニフレックスが競合製品になりますね。

 

 

■使い心地で比較
同価格帯のモットン、雲のやすらぎ、マニフレックスを比べて見ましょう。モットン、マニフレックスは高反発マットレスです。

 

雲のやすらぎはウレタン素材を使っているものの綿100%の詰め物をしてある布団の層がありますので、マットレスで腰痛対策をしたいという人にとっては少し方向性が違く、分厚くて寝心地の良い布団というイメージなのです。

 

 

綿100%素材を使っている部分があるということはそれだけお手入れに気を使わなければなりません。普通のお布団のように干したりしなければカビやホコリが心配ですが、分厚いのでなかなか動かすのにも大変そうです。なので「マットレスで腰痛対策をしたい」という人にはちょっと不向きな感じもします。

 

そうなると、モットンとマニフレックスの2社が残ります。こちらは両方とも高反発マットレスです。使い心地には個人差がありますし、使ってみなければ実際に効果があるかどうか分かりませんよね。

 

だったら90日間返金保証のあるモットンの方がおすすめといえます。マニフレックスも人気の商品ですが、返金保証制度はありませんし、一度開封したものは不具合がある場合以外は返品もできません。最初にモットンを試してみて、ダメだったら賢く返金制度でお金を返してもらうといいでしょう。

 

 

 

3.結局のところモットンはオススメなのか?

結論から言うとモットンが腰痛対策マットレスの中で一番おすすめです。
その理由は「日本人の体型に合った高品質の高反発マットレスであること」と「90日間の返金保証」、そして「耐久性がトップクラスに良いのでコスパが良いこと」です。

 

 

■日本人の体型に合わせて作ったマットレス

 

モットンは日本人の体型に合わせて作られています。もともと海外発祥のウレタン系マットレスは体格の大きい欧米人向けに作ってあるので、日本人には硬すぎることが多いです。その点モットンは日本人が日本人のために開発したマットレスなので、日本人の体型にジャストフィットします。

 

 

さらに体重に合わせて硬さを3種類の中かから選ぶことができるので、より自分に合ったマットレスを選ぶことができるのです。程よい硬さの高反発マットレスは自然な寝返りを促してくれるので、腰の筋肉の緊張が知らず知らずのうちにほぐれ、腰痛を徐々に解消してくれます。

 

寝ているだけで腰痛が解消できるとうたっているマットレスは他にもありますが、モットンほど日本人の体格を考えて開発されているものは少ないのです。

 

 

■90日間の返金保証

 

先ほど比較して分かったように、同じ価格帯で高反発のマットレスは2種類だけです。その中で90日間の返金保証がある高反発マットレスはモットンだけです。
気に入らなければ返品して返金してもらえるので、気軽にお試し感覚で購入することができます。そもそも寝具で返金保証があるのは非常に珍しいことです。一旦誰かが使ってしまえば、再利用などや中古として使うことができないのに返金ができるというのは、それだけ品質に自信がある証拠です。

 

 

■耐久性がトップクラス

 

モットンのマットレスは決して激安ではありません。しかし厳しい耐久試験に勝ち残った、トップクラスの耐久性を誇っているマットレスなので10年間、ヘタリ感を感じることなく使い続けることができます。10年間のトータルコストで考えればどんな激安マットレスもモットンにはかないません。むしろトータルで考えると、一番の激安マットレスがモットンと言ってもいいほどです。さらに90日間返金保証があるので、実際に使って試すことができます。3ヶ月間使ってみて、そのヘタリのなさを実感してみると耐久性の良さがわかると思います。

 

これがモットンをお勧めする3つの理由です。確かにモットンには反論もありますし悪評もあります。しかし90日間の返金保証という大きなハードルを乗り越えて、なお良い口コミを残しているモットンの効果は本物だと思います。

 

 

モットンは90日間返金保証があるので「ダメだったら返品すればいいや」と考えて注文する人が競合他社製品よりも圧倒的に多いため、厳しい目で見られやすいはずなのに、良い口コミが多いということは「実際に使ってみてよかった」と感じる人が多いということですよね。

 

品質面、コスパ面、腰痛対策面から見てもモットンは死角のないマットレスだと思います。

 

「寝ているだけで腰痛が治るなんて信じられない」という人は無料で3ヶ月治療ができると思って試してみると良いですよ。